FC2ブログ
★★★当ブログはアダルトコンテンツが多く含まれていますので、18歳未満の方はコチラから退出してください★★★
2017 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2017 03

NTR:お相手は夫の主治医

 【12//2017】


2月12日

大寒波・・・こちらの地方にも雪が積もるほどの寒さです

気温は低く寒くても、心と股間だけは暖かくしていたい・・・そう思いたいこの頃

まさに股間を刺激する “現実” が起こりましたので御報告です

NTR癖でずいぶんとやってきております変態夫な私ですが
そんな私でも 心エグるようなNTR興奮を致しました
タイトルにもありますように  お相手は私の主治医であります

ひょんなことで少しの一週間ほど入院していた私 (大したことではないのですが・・・汗)
当たり前のように 主治医がつくわけですよね
そして妻YUKIは甲斐甲斐しくも毎日何度も見舞いに来てくれてました
入院とは言えども股間は元気でしたので この入院期間のうち二度ほど
口内射精にて処理を施してくれた可愛い妻YUKI

そんなYUKI、妻ですので何度も主治医と接することが多くなります
とっても優しく献身的な主治医でしたので YUKIも絶対の信頼の中
かなり依存度も増えていったように思います

そして・・・そしてです!
ある時、『一度食事にお誘いしたいくらいお綺麗な方ですよね』

何と、主治医のほうから妻へ、遠回しにお誘い受けたのです!

私は妻を促しました 一度くらい食事(ディナー)もいいんじゃないかなと・・・
妻は以前から言ってたんです
あの主治医さん、 ~何となくだけど私の胸ばかり見てるような気がするんだよね~

私はここぞとばかり妻を促す

「食事に行ってさ、もしよければ二次会として家に来てもらって
二次会と俺の快気祝いを兼ねて呑みなおせば??」

あくまで自然体で 不純を匂わせないように・・・

そうだね、じゃ一度お誘いしてみようかな・・・


これがなんと 実際、決行に至ったのです!!

自宅から程よい距離にある 個室居酒屋にて妻と主治医が食事に行きました
程よく酔った二人から自宅で待機する私に電話が入りました

『今から二人、SHOGOさんの自宅にて二次会予約お願い出来ます??』
御機嫌な妻からの愛くるしい電話でした 受話器口では主治医も
『是非宜しくお願いしま~す』っと超ご機嫌

ハイテンションな二人にすこぶる期待を寄せた私は
「かしこまりました!二名様ご予約承りました!! 気を付けてお越しくださいませ」

早速風呂を沸かし、ムーディーな雰囲気づくりを急いだ私です 爆

そして二名様ご到着
sm2902121

しばらく私を合わせて三人で呑んでました
主治医も相当なエロ好きで変態だという事が解ってきます
というのも妻が二人で呑んだ時点で 
私たち夫婦はちょっと変わってる的な事を発言済みだったようです

そして私に絶好のチャンスがやってきます
「しまった・・・水割り用の氷が無くなっちゃったから
歩いてコンビニへ買いに行ってくるよ
風呂は出来てるから良かったら先生から入ってもらったら?」
買出し出る前に玄関にて自然体で二人に伝えて 
私はゆっくりゆっくり歩きながら買出しに出ました
こんなドキドキする買出し・・・初めてかも?? 

30分以上過ぎたころに 私は帰宅しました
リビングには誰も居ません
耳を澄ますと 二階で物音がする・・・
静かに静かに階段を上がりました
かすかに・・・声がする。。。  妻の声。。。 オスの声。。。
興奮震える手で寝室ドアを開けるとそこはもう禁断の世界。。。
sm2902122
期待通り、予想通り、始まってました!!
しかも・・・
“私の主治医 と 愛する妻” です

『SHOさん、すいません・・・美人にはついつい興奮しちゃって・・・』
『理性が止まらずです・・・すいません』

「いや先生、ありがとうございます! 私も変態です! 続けてください」

『もう。SHO、邪魔! あっち行ってて!!』 とYUKI

わかったわかった、と部屋を出ましたが
聞こえてきたのはYUKIの絶叫声。。。
私はすぐ寝室へ戻り ドアを開けました
sm2902123
雄と雌が性欲をぶつけ合い、汗が絡み合って、絶叫してる。。。
最高です YUKIがすぐイキました
『YUKIちゃん、四つん這いになって!!』 主治医、もう私の妻を 名前で呼んでる
YUKIは従い、主治医の巨砲にてガン突きされる。。。
そしてまた絶叫してイク。。。
sm2902124
これ以上ないといっても過言ではないこのシュチュエーション
主治医によって完全に実行された “自宅寝室NTR” 

そして現在も尚、有意義なお付き合いが続いてます
今やラインで直接連絡取り合う二人の関係を
私は微笑ましく、見届けてます

主治医、ありがとうございますm(__)m


















スポンサーサイト
[PR]

Category: 寝取られ・寝取らせ

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

妻YUKI “GANG BANG”

 【10//2017】

2月10日


二月初めての更新になります

NTR夫として、妻YUIKIをどんどん晒していきたいのはやまやまですが
人生の中で本当に忙しい時期というのはあるものですよね
今の私、まさにその真っ只中という感じで
毎日、多忙を極めております・・・汗

しかしながら人間とは不思議なものでして、いくら多忙だからといって
性欲がなくなるわけではありませぬ
ましてや私などのようなドがつく変態となると 多忙であればあるほど
逆に変態魂に火が付き、次はYUKIで何をして遊ぼうか・・・などなど
そんな妄想がどんどん増えつつ 悶々とした日々を過ごしてるわけです

今回、この私の妄想を 実体験を元に表現してみました
コンパクトではありますが 是非御覧下さいm(__)m

まずは妻を自分の好きな角度で好きな衣装を着てもらって
撮りまくります
この 興奮しながら撮影していく工程がけっこう好きです
股間をギンギンに硬直しながら妻を撮ってる
そしてどれだけ妻を欲する自分が居ても 決して手を出さない・・・
仮に妻が誘ってきても 決してノらない・・・

sm2902101


三日後にGANGBANGを控えてるとする・・・
そうなれば、妻は皆様の共有物
私などの欲を妻にぶつけてはならない・・・
妻をノせ、自分は我慢をし、あくまでGANGBANGに備える・・・

何故なら いつもとはまるで違う妻を観たいからである

今まで見たこと 聞いたことのないような 妻を観たい
獣のように乱れ狂う妻を観たいのである・・・

我慢をして迎えるGANGABANG
私にとって こんな素敵な宴は他にないのです

複数の強性欲男子が いっせいに妻に群がる・・・
sm2902102

GANGBANGだからこそ・・・見える風景があります

YUKIの白い肌が 興奮によって赤らんでいく様子・・・
普段聞いたことのないような 淫らな声が部屋中に響き渡る・・・

そしてまた私は、この際も一切手を出さず ただ闇雲に撮りまくる

私のもとに おかえり した妻をゆっくりゆっくり 大事に愛してあげます

その後、この撮影した動画を鑑賞しながら自ら処理するのがまた至福です



どうです? 変態でしょ? 偏愛でしょ?
はい、充分私自身理解しています・・・汗



気がおかしくなるくらいに 妻を愛しています
だからこそ 普通 じゃいられない・・・

ありきたりの いわゆる 不倫を妻にされたなら・・・
私は確実に自滅崩壊します

究極に嫉妬深い私に宿ったNTR変態の道

収まる気配は全くの皆無であります


ですから・・・
また晒します
どんどん晒していきます

需要のある限り  是非妻を共有していただきたいと
切に願っております

今後も素敵な御縁が訪れますように・・・




NTR夫









Category: GANG BANG

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る